7月12日は「人間ドックの日」

 

7月12日、皆さんは何の日か、ご存知でしょうか?

 

7月12日は「人間ドックの日」です。

 

「どうして7月12日が人間ドックの日なの?」と思う方が大半だと思います。

 

なぜ7月12日が「人間ドックの日」なのかというと、1954年7月12日に国立東京第一病院(現在の国立国際医療研究センター病院)で、人間ドックが始められた事が由来となっているからです。

 

皆さんは、人間ドックを受診したことはありますか?

 

人間ドックを受けた人のうち、異常項目でよく挙げられるのは、「肥満」、「肝機能異常」です。

 

人間ドックで結果を知って驚く前に、予防しておきたいものですよね・・・。

 

予防と言っても、食事制限はなるべくしたくないものです。

 

2017.07.12

 

一生食事に気を使おうと思うと、難しいですよね。

 

そう思う方にこそ、アリスタイオスの「フランス産はちみつ」を、是非オススメしたいです!

 

はちみつの糖度は、砂糖の約1.5倍!

 

でも、はちみつと砂糖を比べると、はちみつのエネルギー(カロリー)は、実は砂糖の約半分です。

 

そのため、料理で使用する砂糖をはちみつに変えて作るだけでも、肥満予防につながりますよ。 

 

はちみつを使用した「豚しぐれの冷やし中華」のレシピはこちら

 

また、はちみつは、肝臓の働きを助ける力があるため、二日酔いにも、とても効果があります!

 

お酒を飲む前か飲んだ後に、はちみつを少し舐めるだけでも、頭痛の軽減が期待できます。

 

皆さん、人間ドックを受診しても異常のない体を、アリスタイオスの「フランス産はちみつ」で作りませんか?

 

アリスタイオスの「フランス産はちみつ」の詳細はこちら