はちみつ通販アリスタイオス / 結晶について

  

facebook

カゴの中を見る

お買い物ガイド

結晶について

はちみつ日記

facebook

twitter

naverまとめ

Instagram

結晶について


あれ? はちみつの中に白いものが・・・     
それは 完熟はちみつ特有の「結晶」です。


天然の完熟はちみつは、白く結晶化してしまうことが
あります。
始めはなめらかだったはちみつが、次第に結晶化して
いくのです。
小さな粒状のものやモヤモヤしたものが現れ、
それが日ごと増えていくのです。
中にはそれをカビと誤解される方も少なくありません。

しかし、ご安心ください!
これは「本物の完熟はちみつ」である証なのです!!
品質や栄養分などに何の影響もありません。

どうして結晶化するの?

結晶は完熟はちみつの特性です。
はちみつに含まれる花粉や気泡を中心にして、ブドウ糖が集まって固まったものが結晶です。
そのため、はちみつの成分の約80%を占めるブドウ糖と果糖のうち、ブドウ糖の比率の高いものがより結晶化しやすくなります。

アリスタイオスのはちみつは、優れた栄養素の宝庫である花粉を完全に取り除くことなく皆さんにお届けしておりますので、はちみつ内に結晶が現れることが考えられます。
また同じ花のはちみつでも、巣箱や採蜜場所・自然条件などによって、結晶化するものとしないものができます。

同じように管理していても差が出てしまうのは、まさしくミツバチが作りあげた、そのままのはちみつに他ならないからです。

はちみつの正しい保存方法は?

はちみつを完全に結晶化させないというのは、天然の完熟はちみつの特性として難しいのですが、良い状態を保つことで結晶を抑え、品質や風味を損なうことなく長く保存可能です。

はちみつは常温で保存ができます。

直射日光を避け、気温差や湿気のない冷暗所で保存してください。
流しの下よりは戸棚の中の方が良いと思います。
気温が15℃以下になると結晶化しやすくなると言われていますから、はちみつにとっての最適温度は18~24℃といったところでしょうか。
もちろん冷蔵庫に入れる必要もありません。

またガラスのビンに入れておくのがオススメです。
短時間で使い切ってしまうのであればポリ容器を選ぶのも使いやすくて良いのですが、結晶化してしまった時に大変扱いにくくなってしまいます。
良い状態で長く保存したいのであれば、やはりガラスのビンの方が良いと思います。

私は普段、食器棚にはちみつを保存し、使う分だけを小分けしています。
お料理などに使うものはサッと使いやすい倒立タイプのポリ容器を、また飲み物やトースト・ドレッシングなどに使い香りを楽しんだりするものは小ビンといった具合に、何種類かを用途に応じて移し変えて使っていますよ。

はちみつは大変吸湿しやすいので、開封してからは必ずフタをしっかり閉めるようにしてください。
その際、ビンの口やフタを拭いてから閉めるようにすると、水分を含め、他のものが入り込むのを防げます。
もちろんビンに直接口を付けるのも止めてくださいね。
ビンとフタの間にラップを挟んで閉めておくと簡単に開閉でき、汚れたり開けにくくなった時も気軽に取り替えることができます。
スプーンを使うときは、なるべく木やプラスチックのものをご使用ください。
鉄製などを使いますと成分が変わってしまうことがあるからです。

賞味期限はあるの?

アリスタイオスでは一切加工していない天然の完熟はちみつをお届けしておりますので、はちみつに元来含まれている成分がそのまま残っています。
ミイラの防腐剤として使用されるほどの強力な殺菌力や、細菌が繁殖できないほどの糖度の高さなどを持ち合わせておりますので、腐ったり成分が変化したりすることはないものと考えています。

実際、賞味期限はないと思っておりますが法律で定められている関係上、アリスタイオスでもはちみつに関してはビン底に賞味期限を記載しております。
「おいしく食べることができる期間」としてお考えください。

エジプトのピラミッド内で発見されたはちみつは3000年以上経っていても全く変質していなかったそうなので、密閉して状態良く保てば、賞味期限はないと言っても過言ではありません。
まさに天然の保存食ですね。

とは言いましても、はちみつはやっぱり採れたての方が断然美味しいです。
何年か経過したものは砂糖代わりにお料理に使っていただき、新しく風味豊かなはちみつをお召し上がりください。


結晶化して固まったはちみつはどうすればいいの?

結晶化したはちみつは、そのまま食べていただいても何の問題もありません。
結晶化の度合いによってクリーム状であったり、ザラメのような小さな粒であったり形状も様々ですので、いろいろな食感が楽しめます。
品質にも何の問題もありません。
トーストしたパンに塗って召し上がっていただいても、飲み物やお料理の砂糖代わりに使っていただいても、味も品質も結晶化する前のはちみつに何ら劣りません。
わざわざ結晶化したはちみつを好む方もたくさんいらっしゃいます。

もちろん結晶を溶かしていただくこともできます。

少量なら耐熱容器に入れて電子レンジを使うと短時間で溶かせます。
数秒~10秒位で止めて様子を見ながら溶かしていくことになりますが、急激に加熱することになりますし、タイミングも難しいです。
はちみつにとって熱は大敵ですのでオススメできません。

時間もお手数もおかけいたしますが、湯煎していただくのがベストな方法だと思います。
手間暇かかりますが、一度湯煎したはちみつは再結晶しにくくなりますよ。

大量のはちみつを一気に湯煎しようとするとかなり時間がかかりますので、小分けして湯煎するのが効率的です。

<湯煎の仕方>

  1. 鍋に水を入れ、結晶したはちみつをビンのままフタを外してから入れます。
    この時熱がビンに直接伝わるとはちみつの品質を損なう可能
    性があるので、ビンの下にお皿を一枚敷くと防げます。
    またビンの中のはちみつと同じ位に水面がくるように水を入れてください。

  2. 水から加熱し、ゆっくり時間をかけて溶かしていきます。
    高温で湯煎してしまうと、はちみつの香りやビタミン・ミネラルなどの良い成分が損なわれてしまいますので、
    徐々に加熱しながら水温が50度以下を保つように注意してください。
    火のそばからも離れないようにしてくださいね。

    ※はちみつの結晶具合で溶解する時間は変わります。
    きれいに透き通った透明状態になるまでかき混ぜながら結晶を溶かしてください。

    完全に溶けていないと残った結晶を核に、またすぐ結晶ができてしまいます。

  3. はちみつの結晶が完全に溶けたらお湯から取り出し、風通しの良い所で自然に冷ましてください。
    異物混入を防ぐために軽くフタを被せておいてくださいね。
    急に冷たい水につけるとビンが割れてしまうこともあるので注意してください。

    完熟はちみつが結晶化してしまうのは、余計な加工をしていない本物の完熟はちみつだからです。
    加工はちみつや精製はちみつは結晶しません。
    アリスタイオスのはちみつは、ミツバチが作りあげたそのままのはちみつですから、結晶が現れることも
    あります。

しかし、それこそが本物の証なのです!

フランス産 高級 はちみつ ハチミツ 蜂蜜 通販 アリスタイオス プレゼント ギフト 贈り物 お中元 お歳暮 レシピ